無視をすれば良い|アロマ

小説-無視をすれば良い|イメージ画像

 無視をすれば良いのだが、それだと後ろ髪をひかれるようで、まったく相手をしないのは損な気がする。もしかするとこの女性と仲良くなり、例のクラスメイトのように僕も女性の身体に触れる事ができ、初体験できるかも知れないのだ。

 マシュマロのような手触りの胸、その言葉が頭に残ったままだった僕は、この時ちょっとだけいたずら心を起こした。アドレスを記入する欄に裕也のアドレスを書き込み、送信ボタンを押したんだ。

 数日後、終業式の日だった。普段は真面目くさった顔付きの裕也にしては珍しく、その時は、携帯電話を振り回しながらニヤリニヤリと変な笑みを浮かべ、自慢するかのような口調で、話しかけてきた。 「おい! 拓夢。良いもの見せてやろうか?」

 もったいぶって話しかけてきた時ほど、期待するほどたいした物じゃない。とは思ったのだが、やはり気になってしまう。 「何だよ、もったいぶらずに教えろよ」

 ヘッヘッ、と鼻を鳴らしながら、さらにジャーンと擬音を口にする裕也。彼は持っていた携帯電話を開き、画面を僕に押し付けるようにして見せた。

 あっ! と思った。僕の携帯にメールを送ってきた女性が、裕也が持っている携帯にも写真として記憶されていたのだ。
「どうしたんだ、その女?」自分の声が震えている

誰が見ても不自然に見えるサイト

不自然に見えるサイト|イメージ画像

 この場合、どの様なテンプレートを使えば良いのか? と言う問題が起こります。一番よいのはテンプレートが無料で、尚且つ配布先へのリンクがなく、さらに詳しい説明書が付いたものが良いのです。ですが、実際そのようなテンプレートを見つけるのは難しいと思います。

 ですので私は、私が開発したテンプレートをお勧めしています。私が実際に使っているタイプですので、なんら分からないことが起こっても私に質問すれば済む事です。もちろん私のテンプレートをお使いの方には私、及び仲間からのバックアップ(応援)が受けられます。

 他のテンプレートの場合、配布先からの応援を受ける事は非常に難しいので、宜しければ私のテンプレートをお使いください。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります