トラベル英会話|ホテルチェックイン|アロマ

トラベル英会話|ホテルチェックイン|イメージ画像

トラベル英会話...添乗員としてお客さんに同行していると、英会話-ホテルチェックインや英会話-ホテルチェックアウトなどをすることが多いです。自分だけが無事に旅行出来れば良いというレベルであれば、英会話-ホテル予約ぐらいが出来れば全く問題なく海外旅行を続けていくことが出来ます。

しかし、お客さんを連れて行くとなると全く話が違ってきます。だいたいは現地でガイドと合流してガイドに通訳してもらう場合が多いです。

しかし、ガイドと合流する前に英会話-空港乗継などをしなければならない場合があります。非常に緊張しながら乗継ゲートの表示されているボードなどを見に行くのですが、アナウンスがわからなければいけません。

入国時の英会話がわからないとお客さんがイミグレーションの向こうで困っておられることがありました。私はすでにほとんどのお客さんと一緒に入国しており、お客さん2人だけが入国前に困っておられました。通常は、一度通過したイミグレーションを逆行させてくれることはないのですが、何度も頼んで中に入れてもらったことがありました。

イミグレーションの手前で一度集合して注意事項を説明しておくべきだったと思ったことがあります。 税関での英会話は、ほとんど何も説明することはありません。ほとんどお客さんが申告するものがないからです。税関で問題が起こりやすいのは帰国時だけだからです。海外-格安航空券だけで入国する時に問題になりやすいのは帰国時の航空券の日付が入っていないオープンチケットの場合です。

香港-格安航空券を例にあげて説明すると、ビザなし入国の場合は入国時から3ヶ月以内の滞在が可能ですが、それ以上の場合はビザが必要です。航空券の有効期限が1ヶ月などの場合でも復路便の日付が入っていなければイミグレーションでさまざまな質問を受ける可能性があります。そのような旅行を予定している方は入国時の英会話の例文はチェックしておいたほうがよいでしょう。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります