以前からこの理由について|アロマ

以前からこの理由について|イメージ画像

 以前からこの理由について様々な面から推測をしていますが、正直絶対的なことは分っておりません。 ですが、それでは前に進まないので仮説を述べてみます。グーグルの検索エンジンは2種類のアルゴリズムを使っている、と言うのがそのひとつです。

 もちろん具体的な内容は分りませんが、Aと言うアルゴリズムは被リンクを重視した内容で、Bと言うアルゴリズムはサイトの内容を重視している、と言う仮説です。

 この理由だと、例えば被リンクが充実しているサイトの場合、Aのアルゴリズムの時には上位に表示されますがBのアルゴリズムだと下位(あるいは圏外)に表示され、サイト内の内容が充実しているサイトの場合は、まったく逆の傾向に傾くと推測できます。

 ですので、私の理論だと、多くのサイトがいっせいに順位を変えるはずです。 その証拠として、ある特定のキーワードで様々なサイトの表示順位を見ていると、ある任意の日に突然多くのサイトがいっせいに順位を変えます。つまりこの日がアルゴリズムの変更を行った日ではないか? と言う理論です。ですがこの理論だけだと無理が生じます。

 ある特定のキーワードではこの様な順位変動が起こりますが、アロマ全体で見ると同じ火にいっせいに動いている訳ではないのです。分りやすく言えば、CとDと言うサイトがあり、その内容はまったく異なります。その上でCと言うサイトの順位が変ったらDも同じ時期に変るか? と言えば変りません。

 これらの現象から推測するにアルゴリズムの使い分けはキーワードごとに違うのでは? ある任意のキーワードに対してどちらのアルゴリズムを使うのか? と言うのは機械的な無作為の状態で選ばれるような、そのようなシステムに進化しているのかもしれません。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります